2.放射線ホルミシスとは何か? ー 少量なら有益な放射線

ホルミシス臨床研究会編
「医師も認める!! 健康&美容の最新療法 ホルミシスの力」監修 川嶋朗 東京有明医療大学教授

低線量(自然放射線の10~100倍程度)の放射線は、人体に有益な作用を及ぼします。
この現象のことを「放射線ホルミシス」といいます。
「ホルミシス(hormesis)」とは、「ある物質を高濃度で、あるいは大量に用いると害をもたらすが、有害にならない程度の濃度、あるいは量を用いると、有益な作用を果たすこと」をあらわす言葉で、「ホルモン」同様、ギリシャ語の「hormaein」(=活性させる、興奮させる)を語源としています。
ホルモンは、ほんの少しの量で、体内のさまざまな機能を活性化させ、人体が正常な状態を維持する上で重要な役割を果たします。
そして放射線もまさに、ホルモンと同じような働きをします。(中略)
人が低線量の放射線を被ばくすることにより、
・体内の抗酸化作用が活性化する。
・DNAの修復能力が高まる。
といった反応が起こり、さまざまな反応が起こり、さまざまな病気の治療や美容効果、老化防止などにおける効果が期待できるのです。
※出典:ホルミシス臨床研究会編「医師も認める‼ 健康&美容の最新療法 ホルミシスの力」

リードアンドカンパニー会員ページ

 

リード&カンパニー問い合わせ

会社所在地

株式会社リードアンドカンパニー
〒232-0011
神奈川県横浜市南区日枝町3丁目71
TEL 045-260-0288
FAX   045-242-5582

会員専用

リードアンドカンパニー会員用

会員ページのご案内

弊社では協力病院と連携して日々研究開発を行っています。また、ホルミシス研究の第一人者である東京理科大学薬学部名誉教授 小島周二先生の助言をいただき製品開発に生かしています。このホームページでは、こうした先生方の貴重な論文や対談(動画)を会員限定で公開しています。
ご興味のある方は問い合わせフォームよりご連絡ください。

ホルミシス療法が受けられる病院・クリニック

ホルミシス療法が体験できるサロン・施設

正しい線量のホルミシス製品を選びましょう

リードアンドカンパニーラドン濃度測定
ページ上部へ戻る