沿革

多くの医療機関と研究を重ねてルームを開発

世界に目を向けたとき、「放射線ホルミシス」を応用し、最も多く活用されているのはラドン浴です。
また、ラドン浴による治療効果や汎用例も多数報告され、日々研究が進められています。

弊社は、オーストリアのバード・ガスタイン村近郊のハイルシュトレン坑道病院の高濃度ラドンによる治癒効果に着目し、多くの医療機関とその可能性について研究を重ね、ラドン温湿浴ルーム(ホルミシスルーム)の開発を進めてきました。 当社のラドン温湿ルームは、低線量の天然鉱石を床面・壁面に用いることで、ラドンを用いた低レベル自然放射線作用を室内に実現。室温も38℃に保ち、極端な熱さや息苦しさを感じず、都会にいながら、手軽に玉川温泉などの天然ラジウム温泉のラドン温湿効果を体験できます。
このような、身体に負担のない次世代型の統合医療の一つとして「ラドン温湿浴」の普及を使命として活動を続けています。

ラジウム温泉の湯治効果の可能性をもっと身近に

地球上のどこからも湧いている「ラドン」は、その目に見えない性質から、管理するもの、制御するものとされてきました。
しかし、日本の温泉に目を向けると、ラドン温泉、ラジウム温泉などが日本各地に広がり、湯治として古くから愛用されてきました。
欧州ではすでに、さまざまなホルミシス現象を医科学的に評価し、治療に応用して実践しています。ラドン浴がその代表ともいえるでしょう。
ラドン浴の可能性を多くの方に届けるべく、健康な身体作りのお手伝いをさせていただきます。

製品開発の歴史

2002年   株式会社リードアンドカンパニー 設立

2003年   ラドンルーム(8,000bq/㎥)・ホルミシスピロー ・ ラドン水生成器 開発

2009年   ラドンルームバージョンアップ(120,000bq/㎥)・ラドンミスト吸入器(17,000bq/㎥)開発

2011年   ラドンルームバージョンアップ(200,000bq/㎥)開発

2013年   ペット用ラドンルーム開発

2015年   ラドンα線吸入器 αレスピロRn 開発

2018年   ラドンα線吸入器 RESPiLO(6,000,000bq/㎥)開発 臨床試験中

学びの歴史

2006年   第1回 放射線ホルミシスシンポジウム 開催

2007年   有限責任中間法人ホルミシス臨床研究会発足 放射線ホルミシス国際シンポジウム 開催

2009年   第2回 放射線ホルミシス講演会 開催

2010年   第3回 放射線ホルミシス講演会 開催

2011年   第4回 放射線ホルミシス講演会 開催

2012年   第5回 放射線ホルミシス講演会 開催

2013年   第6回 放射線ホルミシス講演会 開催

2014年   第7回 放射線ホルミシス講演会 開催

2015年   第8回 放射線ホルミシス講演会 開催

2016年   第9回 放射線ホルミシス講演会 開催

2018年   第10回 放射線ホルミシス講演会 開催

リード&カンパニー問い合わせ

会社所在地

株式会社リードアンドカンパニー
〒232-0011
神奈川県横浜市南区日枝町3丁目71
TEL 045-260-0288
FAX   045-242-5582

会員専用

リードアンドカンパニー会員用

会員ページのご案内

弊社では協力病院と連携して日々研究開発を行っています。また、ホルミシス研究の第一人者である東京理科大学薬学部名誉教授 小島周二先生の助言をいただき製品開発に生かしています。このホームページでは、こうした先生方の貴重な論文や対談(動画)を会員限定で公開しています。
ご興味のある方は問い合わせフォームよりご連絡ください。

ホルミシス療法が受けられる病院・クリニック

ホルミシス療法が体験できるサロン・施設

正しい線量のホルミシス製品を選びましょう

リードアンドカンパニーラドン濃度測定
ページ上部へ戻る